|

SURF

WSL第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』ミック・ファニングがベルズ2連勝

ミック・ファニングがベルズ2連勝4度目のベルを鳴らす

2015 Samusun Galaxy WSL Championship Tour第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』がオーストラリア・ビクトリアの名門サーフゲレンデ「ベ ルズ・ビーチ」でファイナルデーを迎え、ミック・ファニング(AUS)が躍進目覚ましいブラジリアンの1人エイドリアーノ・デ・スーザは抑えベルズ2連勝を飾った。

長く続いたレイデイや上位陣の相次ぐ敗退など大波乱が巻き起こった今回大会。

men’sではジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、タジ・バロウ(AUS)のR3敗退、ケリー・スレーター(USA)、ジョエル・パーキンソン(AUS)もR5で敗退と、次々と優勝候補が敗れる中、今大会爆発的に調子の良かったのがブラジリアンサーファーエイドリアーノ・デ・スーザ。ブラジリアンには珍しいパワーサーフィンで久しぶりにfinalまで上り詰めた。

勢いづいてるブラジリアン勢を絶対阻止したかったのが、ホストプロで地元のスターミック。finalではお互いゆずらない超熱戦となり、史上初のファイナルでのタイヒートとなり、ハイスコアを出していたミック・ファニングが嬉しいベルズ2連勝を飾った。それにしてもfinalでのミックは超集中してたし地元での優勝は嬉しそうだった。

まだまだ始まったばかりのワールドツアー、WSL第3戦は4月15日から『Drug Aware Margaret River Pro』が始まる。

Rip Curl Pro Bells Beach

Final Result:

1:MickFanning (AUS) 15.27

2:Adrianode Souza(BRA) 15.27

Mick Fanning 4 x Rip Curl Pro Bells Beach Champion

出典:YouTube(Rip Curl)

■関連記事

WSL第1戦『Quiksilver Pro Gold Coast』フィリペ・トレド、『Roxy Pro Gold Coast』カリッサ・ムーアが優勝

2014年ASPワールドチャンピオン・ビラボンパイプマスターズ・トリプルクラウンのチャンピオンが決定!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP