|

SURF

『Drug Aware Margaret River Pro』エイドリアーノ・デ・ソウザとコートニー・コンローグが優勝

大波乱のWSL第3戦はエイドリアーノ・デ・ソウザとコートニー・コンローグが優勝

2015 Samusun Galaxy WSL Championship Tour第3戦『Drug Aware Margaret River Pro』がオーストラリア・ウエスタンオーストラリアのマーガレットリバー「Surfers Point」でファイナルデーを迎え、men’sはエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)、women’sはコートニー・コンローグ(USA)が優勝をモノにした。

ゴールドコースト、ベルズ、マーガレットリバーと続くオーストラリアレッグの最終イベント『Drug Aware Margaret River Pro』 は猛威をふるっていたブラジリアンサーファー達の相次ぐ敗退、ワイルドカードで勝ち上がったローカル・サーファージェイ・デーヴィス(AUS)がRound 2で世界チャンピオンであるガブリエル・メディーナ(BRA)、Round 3では3タイムズ世界チャンピオンのミック・ファニング(AUS)を下す大波乱が起こった。

men’sではケリー・スレーター(USA)、ジョエル・パーキンソン(AUS)、ミック・ファニング(AUS)、ガブリエル・メディーナ(BRA)など次々と優勝候補が敗れる中、オーストラリアレッグ絶好調のブラジリアンサーファーエイドリアーノ・デ・スーザはQFでケリー、SFで地元のヒーロータジ・バロウを退け、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)とのfinalではお互いゆずらない超熱戦となったが、8ポイント代をうまく2本まとめたデ・スーザが通算5度目のワールドツアーでの勝利を得た。

men’sより一足先に勝者が決定したwomen’sのfinalではハードなコンディションの中、ゴールドコースト、ベルズ2連勝と絶好調のカリッサ・ムーア(HAW)に対してコートニー・コンローグ(USA)が8.43とバックアップスコア8.50をを叩き出し、嬉しいツアー3勝目を飾った。

WSL第4戦は場所をブラジルに移し、5月11日から『Oi Rio Pro』が始まる。

Drug Aware Margaret River Pro

Men’s Final Result:

1:Adrianode Souza(BRA) 17.53

2:John John Florence(HAW) 16.87

Women’s Final Result:

1:Conlogue(USA) 16.93

2:Carissa Moore (HAW) 13.13

Veterans vs Young Guns, De Souza Tops Florence

Highlights: Conlogue Takes Margaret River

■関連記事

WSL第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』ミック・ファニングがベルズ2連勝

WSL第1戦『Quiksilver Pro Gold Coast』フィリペ・トレド、『Roxy Pro Gold Coast』カリッサ・ムーアが優勝

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP