|

SURF

世界のサーファーから愛された“サーフィン映画”10選

世界のサーファーから愛されたおすすめサーフィン映画10選

【エンドレス・サマー】

エンドレス・サマー

●伝説の波を追いかけ世界中を旅する不朽のサーフィン映画

1966年に公開された「エンドレス・サマー」は伝説のパーフェクトウェーブを求めて世界中を旅する2人のサーファーを追う、サーフィン映画の定番。
監督はブルース・ブラウン、撮影期間に3年半を要した名作はドキュメンタリータッチでいろいろな人たちとの出会い、スリリングな波乗り、そして最高の波と出会えた歓喜が描かれている。続編の「エンドレス・サマー2」もある。

The Endless Summer – Trailer

出典:YouTube(Cinedigm)

【ステップ・イントゥ・リキッド】

ステップ・イントゥ・リキッド

●サーフィンを愛する人々の人生を描いたドキュメンタリー映画

サーフィン映画の名作「エンドレス・サマー」を手がけたブルース・ブラウン監督の息子ディナ・ブラウンによる最初の映画プロジェクト作品が「ステップ・イントゥ・リキッド」。
サーフィンの聖地で見事なライディングをみせるプロサーファー、仲間たちに支えながらも海に出る下半身が不自由な青年、30年前の波を求めベトナムに訪れる元兵士など、さまざまな人生とサーフィンを描いている。

Step Into Liquid (trailer)

出典:YouTube(Gwenoooh)

【ビッグ・ウェンズデー】

ビッグ・ウェンズデー

●サーフィンで強く繋がる友情を描いたサーフィン映画

「ビッグ・ウェンズデー」は1978年に制作されたサーフィン映画。1960年代初めのカリフォルニアの海辺まちを舞台に、ジャック、リロイ、マットの若者3人の青春を描く。
水曜日にやってくるという世界最大の波“ビッグ・ウェンズデー”に挑む夢を持つ3人がベトナム戦争によって別れた後、ようやく訪れたビッグ・ウェンズデーの日。彼らは再会を喜び、“ビッグ・ウェンズデー”に挑戦していく姿は胸を熱くする。

Big Wednesday – Trailer

出典:YouTube(WarnerMoviesAU)

【ビラボン・オデッセイ】

ビラボン・オデッセイ

●生死をかけて世界最大級の波を追い求める男たちのサーフィン映画

世界中のトップサーファーから愛されるサーフブランド、ビラボンが2001年から3年をかけて地球上で最大の波に挑戦する大きなプロジェクト「ビラボン・オデッセイ」。
その一大プロジェクトを追ったドキュメンタリーが同名の「ビラボン・オデッセイ」だ。マイク・パーソンズ、ブラッド・ガーラックなどの世界でも名だたるトップサーファーたちが世界最大の波を求め、世界の海を冒険する。

Billabong Odyssey 2003 Movie Trailer

出典:YouTube(Video Detective)

【ライディング・ジャイアンツ】

ライディング・ジャイアンツ

●若さ、自由、そして情熱を象徴するサーフィンの歴史を振り返る

サーフィン史のはじまりは約1000年前まで遡る。そこから1940年代に南カリフォルニアの海岸でサーフカルチャーが誕生。そして今日に至るまでに世界を席巻する一大ムーブメントへと変わっていった。
「ライディング・ジャイアンツ」は伝説級のサーファーたちによるインタビューやサーフィンシーンを織り交ぜながらサーフィンの歴史を振り返るドキュメンタリー映画だ。

RIDING GIANTS trailer

出典:YouTube(DocuChick)


 
次のページ>>さまざまなサーファーたちのライフスタイルを描くサーフィン映画

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP