|

SURF

“ジョー・アーロン”異彩を放つ天才ロングボーダー

カリスマ“ジョエル・チューダー”を次ぐ若き天才ロングボーダー

ロングボード界に君臨する伝説的なロングボーダー、“ジョエル・チューダー”。ワールドチャンピオンに2度も輝いた彼の後継者、“ポスト ジョエル・チューダー”と呼ばれる若き天才ロングボーダーがいる。それが“ジョー・アーロン”だ。
1991年生まれの若きロングボーダーのライディングは異彩を放っている。YouTubeに公開されている「The Tip Master – Joe Aaron」では、ロングボードをまるでショートボードのように巧みに操る映像がおさめられている。
ロングボードを360度回転させたり、「The Tip Master」の名のごとくハングファイブ、ファングテン、カットバックと華麗なライディングを披露したりと、ダイナミックなアクションで驚きの連続。

ジョー・アーロンの魅力は秀逸なテクニックだけではない。黒いウェットスーツにカラフルな模様、頭にはトップハットを被り、奇妙とも思える彼の出で立ちはとてつもないカリスマ性を匂わせる。
ジョー・アーロンは4歳でサーフィンをはじめ、17歳のときに参戦したロングボード世界選手権2008では第9位に輝き、同年にオレンジカウンティの「Longboard Surfer of the Year(年間最優秀ロングボーダー)」に選出された実績をもつ。未完の大器か、ロングボード界に現れた異端児に目が離せない。

The Tip Master – Joe Aaron

出典:YouTube(JOJO BROS)

Big Wedgeday

出典:Vimeo(JoeMotion)

■関連リンク

Official

Youtube

Facebook

Twitter

■関連記事

“ジョエル・チューダー”ロングボード界の絶対的カリスマ

ロングボーダーの聖地“Noosa Heads”の空撮映像

【独占インタビュー】プロロングボーダー鈴木剛

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP