Street & Action Sports
CLIMB
2017.10.01

Red Bull Asura Exhibition Session 初開催

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.10.01
Red Bull Asura Exhibition Session 初開催

新フォーマットのボルダリングコンペティション

エナジードリンク・ブランドのレッドブルは、9月24日(日)に熊野ボルダリングエリア(三重県熊野市紀和町湯ノ口 10)にて、新フォーマットのボルダリングの大会「Red Bull Asura Exhibition Session(レッドブル・アシュラ エキシビション・セッション)」を初開催した。

本大会は、レッドブル・アスリートの野中生萌(のなかみほう)」が考案した、ファン(8~5 級)、ミドル(4~3 級)、オープン(2 級以上)の 3 カテゴリーで行う大会で、最低1名の女性クライマーを含む同カテゴリー3人1組のチーム形式というこれまでに無い新しいフォーマットで開催。 山形、東京、大阪、福岡で開催した予選を勝ち抜いた12チーム36名に、レッドブル・アスリートの野中生萌率いるチーム(※)の計39名が出場した。

Red Bull Asura Exhibition Session 野中生萌:Jason Halayko/Red Bull Content Pool

Red Bull Asura Exhibition Session Jason Halayko/Red Bull Content Pool

Red Bull Asura Exhibition Session オープンの部優勝の左より坂本朱里さん、清水淳さん、清水裕登さん:Jason Halayko/Red Bull Content Pool

野中生萌コメント

世界でも類を見ない形式の大会を屋外で開催したことについて、立案者の野中選手は大会後「以前より3人1組でトレーニングに取り組むのが最も効果的と感じていました。 具体的には、交代で課題に取り組む際の待ち時間の間隔や、課題に対してディスカッションするのに3人が丁度良いと思い、Red Bull Asura のフォーマットを思いつきました。 今日、大会を迎えて感じたことは、みんな本当に楽しそうに課題に取り組んでいて、見ていて嬉しく思いました。 私もそうですけど、今回、初 めて外岩での大会を体験した方も多く、この競技の原点を通して魅力を再発見してもらい、更にはこれをきっかけに外岩に挑戦し、競技レベルを更に上げて頂ければと思います」。

Red Bull Asura Exhibition Session結果

ファン:東京予選代表 (成績:個人完登数:27、初登数:2)メンバー 石井達也(埼玉県27歳)、桜井俊徳(東京都27際)、石井葵(埼玉県26歳) ミドル:福岡予選代表 (成績:個人完登数:15、初登数:4)メンバー 佐藤彰(大分県39歳)、菅祥太(大分県26歳)、森本日菜(大分県16歳) オープン:大阪予選代表 (成績:個人完登数:16、初登数:1)メンバー:清水淳(京都府29歳)、坂本朱里(京都府25歳)、清水裕登(大阪府21歳)

<開催概要>

大会名称:Red Bull Asura Exhibition Session(レッドブル・アシュラ・エキシビション・セッション) 会場:熊野ボルダリングエリア(三重県熊野市紀和町湯ノ口 夕日の丘公園) 開催日:9月24日(日) 内容:女性1名以上を含む3名1組のチーム戦で行うボルダリングコンペティション ※メンバーは全員同じカテゴリーであることが必要 ファン(8~5 級)、ミドル(4~3 級)、オープン(2 級以上)の 3 カテゴリーで開催各ストップを勝ち抜いた 3 カテゴリー計12チームのエキシビション・セッション フォーマット: ・各カテゴリー10課題 ・初登者はルートの命名権を得る ・最終順位は個人完登数合計、個人初登数、で競われる 参加条件:15歳以上の健康な男 (未成年の場合は保護者の同意が必要) 主催:レッドブル・ジャパン株式会社

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。

読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
KOJI YAMAYA
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY