Street & Action Sports
CLIMB
2017.07.07

日本勢3選手が金メダル獲得!アジアユース選手権シンガポール大会2017リード

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.07.07
日本勢3選手が金メダル獲得!アジアユース選手権シンガポール大会2017リード

日本勢3選手が金メダル獲得!アジアユース選手権シンガポール大会2017リード

西田秀聖、楢﨑明智、森秋彩ら金メダル獲得

2017年7月6日(現地時間)、シンガポールにて「アジアユース選手権シンガポール大会2017」のリード種目決勝が行われ、男子ユースBの西田秀聖(にしだ ひでまさ)、男子ジュニアの楢崎明智(ならさき めいち)、女子ユースBの森秋彩(もり あい)の日本勢3選手が金メダルを獲得した!

前日の予選で日本人選手は出場の19名中18名が決勝へ進出という圧倒的な強さをみせると、決勝でも強さをみせ男子ユースBでは西田秀聖(優勝)、川又玲瑛(3位)、男子ユースAでは田中修太(2位)、男子ジュニアでは、楢﨑明智(優勝)、緒方良行(3位)、女子ユースBでは日本勢が表彰台独占し、森秋彩(優勝)、谷井菜月(2位)、伊藤ふたば(3位)、女子ユースAでは小島果琳(2位)が表彰台に上がった。

アジアユース選手権リード決勝結果

・男子ユースB(生年月日、所属) 1位:西田 秀聖/Hidemasa Nishida(2002年9月9日、奈良県連盟) 2位:Ravianto Ramadhan(インドネシア) 3位:川又 玲瑛/Rei Kawamata(2003年8月6日、栃木県連盟) 4位:抜井 亮瑛/Ryoei Nukui(2003年6月21日、奈良県連盟) 6位:竹田 創/Hajime Takeda(2002年5月17日、宮城県連盟) ・男子ユースA(生年月日、所属) 1位:DiChong Huang(中国) 2位:田中 修太/Shuta Tanaka(2000年5月23日、新潟県協会) 3位:YuFei Pan(中国) 4位:土肥 圭太/Keita Dohi(2000年10月17日、神奈川県連盟) 5位:中島 大智/Daichi Nakashima(2000年9月27日、岩手県協会) 6位:田嶋 瑞貴/Mizuki Tajima(2000年6月8日、三重県連盟) ・男子ジュニア(生年月日、所属) 1位:楢﨑 明智/Meichi Narasaki(1999年5月13日、栃木県連盟) 2位:Seunghyun Kim(韓国) 3位:緒方 良行/Yoshiyuki Ogata(1998年2月4日、福岡県連盟) 4位:原田 海/Kai Harada(1999年3月10日、神奈川県連盟) 5位:中上 太斗/Taito Nakagami(1999年7月31日、福岡県連盟) ・女子ユースB(生年月日、所属) 1位:森 秋彩/Ai Mori(2003年9月17日、茨城県連盟) 2位:谷井 菜月/Natsuki Tanii(2003年9月23日、奈良県連盟) 3位:伊藤 ふたば/Futaba Ito(2002年4月25日、岩手県協会) 5位:菊地 咲希/Saki Kikuchi(2002年9月14日、東京都連盟) ・女子ユースA(生年月日、所属)23名出場 1位:Lan Kim(韓国) 2位:小島 果琳/Karin Kojima(2001年10月11日、岐阜県連盟) 3位:Sunga Son(韓国) 9位:中村 真緒/Mao Nakamura(2000年3月2日、東京都連盟) ・女子ジュニア(生年月日、所属) 1位:Margarita Agambayeva(カザフスタン) 2位:Seohyun Kim(韓国) 3位:Panchamaya Tamang(ネパール) 7位:高田 こころ/Kokoro Takata(1999年5月14日、鳥取県協会)

◆今後のスケジュール

7/6(木):スピード決勝 7/8(土):ボルダリング決勝 7/9(日):ユースAコンバインド決勝

画像:IFSC

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。

読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
KOJI YAMAYA
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY