Street & Action Sports
CLIMB
2017.08.15

『第20回JOCジュニアオリンピック大会』結果

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.08.15
『第20回JOCジュニアオリンピック大会』結果

8月14日(月)、富山県南砺市・桜ヶ池クライミングセンターにて2020年の東京五輪の種目にも決定しているスポーツクライミング競技『第20回JOCジュニアオリンピック大会』の決勝が行われた。 この大会は、日本で開催されるジュニア層におけるスポーツクライミング競技の中でも最も大きな大会で、近年の日本のスポーツクライミング競技力の高さは、この大会を含むいくつかのユース世代を対象にしたリード競技大会を長く続けてきたことが大きな要因であることは間違いなく、ここ数年の本大会の上位選手が今年も多くの国際大会で活躍していることでも注目されている。

第20回JOCジュニアオリンピック大会

◆出場選手カテゴリー ・ジュニア:1998年1月1日~1999年12月31日生まれ ・ユースA:2000年1月1日~2001年12月31日生まれ ・ユースB:2002年1月1日~2003年12月31日生まれ ・ユースC:2004年1月1日~2005年12月31日生まれ

決勝結果

・男子ジュニア 優勝:本間 大晴(埼玉県)※JOCジュニアオリンピックカップ大会 総合優勝 2位:武者 知希(北海道) 3位:岡本 季大(奈良県) ・女子ジュニア 優勝:高田こころ(鳥取県) 2位:森脇 ほの佳(大阪府) 3位:菊沢 絢(千葉県)

・男子ユースA 優勝:今泉 結太(茨城県) 2位:靏本 直生(佐賀県) 3位:土肥 圭太(神奈川県) ・女子ユースA 優勝:西田 朱李(千葉県) 2位:樋口 結花(佐賀県) 3位:小島 果琳(岐阜県)

・男子ユースB 優勝:西田 秀聖(奈良県) 2位:抜井 亮瑛(奈良県) 3位:大政 涼(愛媛県) ・女子ユースB 優勝:森 秋彩(茨城県)※JOCジュニアオリンピックカップ大会 総合優勝 2位:谷井 菜月(奈良県) 3位:栗田 湖有(新潟県)

・男子ユースC 優勝:三根生 仁慈(大阪府) 2位:上村 悠樹(東京都) 3位:村下 善乙(千葉県) ・女子ユースC 優勝:小池 はな(埼玉県) 2位:美谷島 ももか(東京都) 3位:井土 桜花(北海道)

大会概要

・大会名称:スポーツクライミング競技第20回JOCジュニアオリンピックカップ大会 ・主催:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA) ・主管:JOCジュニアオリンピックカップ大会実行委員会、富山県山岳連盟、富山県南砺市、南砺市教育委員会 ・後援:総務省 、文部科学省、一般財団法人地域活性化センター、公益財団法人日本オリンピック委員会、富山県、富山県教育委員会、公益財団法人富山県体育協会、南砺市山岳協会 ・開催日:2017年8月12日(土)~8月14日(月) ※予選:8月12日(土)、13日(日)、決勝:8月14日(月) ・会場:富山県南砺市・桜ヶ池クライミングセンター

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。

読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
KOJI YAMAYA
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY