Street & Action Sports
CLIMB
2017.09.10

緒方良行が二冠!田中修太は初優勝「IFSC世界ユース選手権リード」

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.09.10
緒方良行が二冠!田中修太は初優勝「IFSC世界ユース選手権リード」

2017年9月8日、オーストリア・インスブルックにて開催されている「IFSC世界ユース選手権」でリード決勝ジュニアとユースAが行われ、ジュニアは快進撃を続ける緒方良行が優勝、楢﨑明智が2位とワンツーフィニッシュで表彰台に立った。 2人は先立って行われたボルダリング(ジュニア)でもワンツーフィニッシュを決めており、ジュニアはもはや2人を中心に回っている。 女子ではボルダリング種目で涙をのんだ田嶋あいかが粘りのクライミングで2位に入った。

ユースA男子では田中修太が嬉しい世界ユース選手権で初優勝を飾った。女子は白石阿島(米国)が3年連続でボルダリングとの二冠を達成! Go JAPAN!

緒方良行が二冠!田中修太は初優勝「IFSC世界ユース選手権リード」

左:田嶋あいか/(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会

田中修太は初優勝

中央:田中修太/(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会

リード決勝(ジュニア)結果

・男子ジュニア(生年月日、所属) 1位:緒方 良行(1998年2月4日、福岡県連盟) 2位:楢﨑 明智(1999年5月13日、栃木県連盟) 3位:Kai Lightner(アメリカ) 4位:中上 太斗(1999年7月31日、福岡県連盟) 13位:原田 海(1999年3月10日、神奈川県連盟) ・女子ジュニア(生年月日、所属) 1位:Claire BUHRFEIND(アメリカ) 2位:田嶋 あいか(1998年9月13日、三重県連盟) 3位:Heloïse DOUMONT(ベルギー)  9位:高田 こころ(1999年5月14日、鳥取県協会)

リード決勝(ユースA)結果

・男子ユースA(生年月日、所属) 1位:田中 修太/Shuta Tanaka(2000年5月23日、新潟県協会) 2位:Nathan Martin(フランス) 3位:Mikel Asier Linacisoro Molina(スペイン) 9位:田嶋 瑞貴/Mizuki Tajima(2000年6月8日、三重県連盟) 9位:土肥 圭太/Keita Dohi(2000年10月17日、神奈川県連盟) 23位:中島 大智/Daichi Nakashima(2000年9月27日、岩手県協会) ・女子ユースA(生年月日、所属) 1位:Ashima Shiraishi/白石阿島(アメリカ) 2位:Brooke Raboutou(アメリカ) 3位:Nolwenn Arc(フランス) 10位:小島 果琳/Karin Kojima(2001年10月11日、岐阜県連盟) 33位:中村 真緒/Mao Nakamura(2000年3月2日、東京都連盟)

IFSC世界ユース選手権概要

◆開催日:2017年8月30日(水)~9月10(日) ◆開催地:オーストリア・インスブルック ◆種目:リード、ボルダリング、スピード、コンバインド ◆年齢カテゴリー ユースB:2002年または2003年生まれ ユースA:2000年または2001年生まれ ジュニア :1998年または1999年生まれ ◆主な決勝スケジュール ※現地時間 9/10(日):コンバインド決勝(ユースA)

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
KOJI YAMAYA
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY