Street & Action Sports
CLIMB
2017.09.02

土肥圭太と田嶋瑞貴が表彰台!IFSC世界ユース選手権ボルダリング

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.09.02
土肥圭太と田嶋瑞貴が表彰台!IFSC世界ユース選手権ボルダリング

2017年8月30日-9月10日までオーストリア・インスブルックにて開催されている「IFSC世界ユース選手権」でボルダリング決勝(ユースA)が行われ、男子日本代表として参加していた土肥圭太が2位、田嶋瑞貴が3位とメダルを獲得! 女子では先日ワールドカップデビューをした白石阿島(USA)が優勝した。

9月2日(土)ボルダリング決勝(ジュニア)、3日以降もスピード決勝、リード決勝、コンバインド決勝と続くが、日の丸を背負うクライマーたち思う存分暴れてきてもらいたい。 Go JAPAN!

IFSC世界ユース選手権ボルダリング

(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会

IFSC世界ユース選手権ボルダリング

(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会

ボルダリング決勝(ユースA)結果

・男子ユースA(生年月日、所属) 1位:Filip SCHENK(イタリア) 2位:土肥 圭太/Keita Dohi(2000年10月17日、神奈川県連盟) 3位:田嶋 瑞貴/Mizuki Tajima(2000年6月8日、三重県連盟) 39位:田中 修太/Shuta Tanaka(2000年5月23日、新潟県協会) 69位:中島 大智/Daichi Nakashima(2000年9月27日、岩手県協会) ・女子ユースA(生年月日、所属) 1位:白石阿島(アメリカ) 2位:Luiza EMELEVA(ロシア) 3位:Brooke RABOUTOU(アメリカ) 23位:中村 真緒/Mao Nakamura(2000年3月2日、東京都連盟) 59位:小島 果琳/Karin Kojima(2001年10月11日、岐阜県連盟)

IFSC世界ユース選手権概要

◆開催日:2017年8月30日(水)~9月10(日) ◆開催地:オーストリア・インスブルック ◆種目:リード、ボルダリング、スピード、コンバインド ◆年齢カテゴリー ユースB:2002年または2003年生まれ ユースA:2000年または2001年生まれ ジュニア :1998年または1999年生まれ ◆主な決勝スケジュール ※現地時間 9/2(土):ボルダリング決勝(ジュニア) 9/3(日):スピード決勝(ユースA)、ボルダリング決勝(ユースB) 9/4(月):スピード決勝(ユースB、ジュニア) 9/7(木):リード決勝(ユースB) 9/8(金):リード決勝(ユースA、ジュニア) 9/9(土):コンバインド決勝(ユースB、ジュニア) 9/10(日):コンバインド決勝(ユースA)

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
KOJI YAMAYA
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY