|

CULTURE

第1回「Pray for Summer namiaru ? 2016」開催!

「Pray for Summer namiaru ? 2016」開催!

商業施設、「WACCA IKEBUKURO(ワッカ イケブクロ)」は、2016年6月25日(土)・26日(日)の二日間、国内外のサーファーに支持される日本第一号のモバイル波情報サイト「なみある?」と共同で、サマーイベントを開催する。
レジェンドサーファー出川三千男(でがわみちお)氏のトークショーや『なみある?』気象予報士の森園尊生(もりぞのたかお)氏によるセミナーといったサーフカルチャーを中心に、湘南の写真家達による福島チャリティー写真展、さらにはNHK大河ドラマ「真田丸」でお馴染みの、信州は上田市(長野県)とのコラボレーションによって実現した外で楽しめる簡単ご飯の紹介など、波乗りフリークだけではなく幅広い層の方に楽しめる多彩なコンテンツとなっている。

【コンテンツ紹介(一部)】

<Contents 1 日本のサーフィンを語る 6/25(土) 18:00->
前半は60、年代初頭、湘南や千葉で、自然発生的に広まった日本のサーフィン。
時の高度成長期と沿うように、日本の若者行動様式に、大きな文化影響を与えた。その渦中を歩み続ける日本サーフィン界のレジェンド、出川三千男が、当時の貴重な写真を前に語る。
後半は、出川三千男自らが手がけ、2008年リリースされた、サーフィンロードムービー“JUST A MATTER of STYLE”を上映。参加メンバーの紹介などをしながら、フィルム制作の裏側に迫る。

日本サーフィン界のレジェンド、出川三千男

<出川 三千男 (でがわ みちお) / レジェンドサーファー>
1950年、鎌倉稲村ケ崎生まれ(現在63歳)幼い頃から、海に親しむ。
1971年、全日本サーフィン大会優勝(NSA)。初代プロ ロングボードチャンピオン(JPSA)日本プロサーフィン連盟設立。理事長を歴任。アマチュア、プロ、数々の優勝経験を持つ。

<Contents 2 波情報に振り回されずに良い波に出会う3つの技術 6/25(土)17:00->
波情報の情報は正しいのか?予想は当たっているのか?どうしたら最高のタイミングを逃さずに海に入れるのか?
オフレコだからお伝え出来る波情報のギリギリの裏側と、波予報士の現場の手法をご紹介した上で、他ではあまり聞くことがないかもしれない本当に波を当てるための3つの技術をご紹介します。

森園 尊生 (もりぞの たかお) / なみある?気象予報士

なみある?波予報士。気象予報士。
千葉大学でプロダクトデザインを学び公共家具メーカーに就職するも、海の無い生活に想像以上のストレスを感じ、地元鎌倉に戻る。そこから、なみある?でおよそ10年の波の予測業務に携わり、気象予報士としての活動は8年目。

<Contents 3 ユタカナタビのススメ 6/25(土) 14:30->
サラリーマン生活からドロップアウトし、仕事と遊びの垣根をなくすユタカなライフスタイルを目指して見えた世界。切っても切り離せない関係のサーフィンと旅。
旅を通して人生をユタカにするポイントや旅の楽しさをお伝えします。

細田 智規 (ほそだ とものり) / Geekout Inc 代表

NTT東日本のサラリーマン生活からドロップアウト。
旅行会社にてサーフトリップ部門を立ち上げ、2014年から株式会社Geekout代表取締役就任。仕事と遊びの垣根をなくすユタカなライフスタイル目指して冬は雪山、春夏秋は海へ。

<Contents 4 福島と湘南をつなぐチャリティー写真展 6/25(土) 26(日)>
湘南の自由気ままな若者たちのビーチライフを日々記録し続けているfacebookページ『湘南ボーイ』を中心に、復興支援企画としてチャリティー写真展を開催します。写真の売り上げの一部を寄付、さらに当日募金箱の設置を行います。

福島と湘南をつなぐチャリティー写真展
福島と湘南をつなぐチャリティー写真展

写真家プロフィール

吉田”yoge”憲右 / 写真家

吉田”yoge”憲右 / 写真家
90年代後半にサーフィン・プレビュー/泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけに2001年から廃刊となった2009年10月までの10年弱に渡り月刊SURFING WORLDにて編集部兼カメラマンとして勤務。2010年よりサーフィンを軸としたインターネット・マガジンcolors-magazine.comをスタートさせ、2014年からはネコパブリッシングの協力のもと、国内業界初となるwebから紙に飛び出した年に一度の紙媒体版colors-magazineを発刊し続ける。

髙橋 創平 (たかはし そうへい) / 写真家、フォトグラファー

髙橋 創平 (たかはし そうへい) / 写真家、フォトグラファー
1984年、鎌倉市で生まれる。10代の頃に、カメラマンの祖父の影響で独学で写真を撮り始める。空と海のある風景、自然と共存する喜びをテーマに写真を撮り続け、地元湘南を始めとし、オーストラリアやニュージーランドなど国内外問わず活動し、カフェやギャラリーなどで作品を展示をしている。
また、アーティストのポートレートから音楽フェスやパーティーのフォトシューティング、ブライダル、サーフィンの撮影などマルチに活動するフリーランスフォトグラファー。

夏樹 (なつき) / Shonanboy

夏樹 (なつき) / Shonanboy
2014年6月からFacebookページ「湘南ボーイ」をスタートとさせ、湘南でサーフボード片手に自由気ままに生きる若者たちのビーチライフを日々記録し続けている。
今を生きる湘南ボーイたちと一緒にチャリティー写真展や募金活動などを行い、毎年10月に福島と湘南をつなぐ「湘南わくわくピクニック」を開催し、福島の子供たちを二泊三日で湘南に招待しておもいっきり遊んでもらうチャリティーイベントなどを行っている。

【所在地】
WACCA 池袋 (ワッカ イケブクロ)
東京都豊島区東池袋1丁目8-1
【公式WEBサイト】
http://wacca.tokyo/

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP