世界王者は誰の手に?今週末に迫る「Red Bull BC One World Final 2019」

2019.11.05
FINEPLAY編集部
photo by Tabasa

昨年は日本人からB-girlの初代チャンピオンが誕生

日本の若きB-girl、Amiが世界一を獲得した2018年大会から一年。

今年で開催 16年目を迎える世界最高峰の1 on 1のブレイキン・ダンスバトル・トーナメント「Red Bull BC One World Final 2019」が、いよいよ今週末にインドのムンバイにて開催される。2024パリ五輪の追加競技としても注目を集めるブレイキン。そのブレイクダンスシーンにおいて、世界で最も有名といえる大会がこのRed Bull BC One。今大会は、レベル、開催規模、ステータス、どれをとっても唯一無二のダンスコンペティションであり、トップを目指す世界のB-boyやB-girlにとって、一生に一度は手にしたいタイトルでもある。

Red Bull BC One World Finalはこれまでの15年間、ヨーロッパやアメリカの主要都市、ブラジル、日本、韓国など、主に先進国での開催が中心であったが、今回は史上初の南アジアでの開催となる。発展途上国のインド・ムンバイで、世界大会が開かれるということは、まさにブレイクダンスが世界的なカルチャーに育っている証拠ともいえる。現在、ストリートダンスシーンとしても、大変な盛り上がりを見せているインド。現地のオーディエンスや、ローカルのB-boy、B-girlへも注目して欲しい大会だ。

Red Bull BC One World Final 2019 | Official Teaser

World Finalには、招待枠で世界から集まったトップレベルの選手たちと、直前に現地で行われる、世界最終予選の勝者のみが出場権を有する。出場選手には、前回のスイス大会で優勝したLil Zoo、前々大会の覇者Menno、日本からは2015年大会振りの出場となる、Body CarnivalのKazuki Rockなどが名を揃える。B-girlは日本から、ディフェンディングチャンピオンのAmi、日本予選を勝ち上がったAyumi、ワイルドカードでMiMzが参加する。尚、男子の日本予選を勝ち上がったNoriは、現地で行われる世界最終予選に参加し、そこで勝ち上れば出場権を獲得できる。

B-Boy LIL ZOO(オーストリア/モロッコ)
Photo by Tabasa

世界でたった16枚しかないワールドファイナルへの切符、その切符を見事掴み、今週末に世界一をかけて戦う、注目のB-boyやB-girlを紹介!

注目のダンサーを紹介

Ami

B-Girl AMI
photo by Tabasa

2018年のスイス大会で初開催となった、B-girl 部門のWorld Final。この大会でベスト4に進出したのは、Ami、Narumi、Ayumiと4人中3人が日本勢であり、日本のB-girlシーンの強さを改めて世界が実感した瞬間となった。その中で、決勝まで相手に大差をつけて勝利し、見事初代チャンピオンに輝いたのがAmiであった。

日本では、注目の若手B-boy・B-girl集団Good Foot Crewに所属し、チーム及び個人でも、国内大会の実績も十分に持つ。昨年のWorld Finalで優勝した後、Red Bull BC One All Starsにも加入し活躍、今や世界のトップB-girlといっても過言ではない。また今年一年は、昨年に比べて国際大会などにも多くエントリーしており、WDSF 世界ブレイキン選手権では金メダルを獲得している。追う立場から追われる立場となり挑む今回のWorld Final、前人未到、史上初の2連覇を果たせるか。

Kazuki Rock

Nika Kramer/Red Bull Content Pool

招待枠のダイレクトシードとして、2015年大会以来の出場となる。広島県出身、京都市在住。チームは関西を拠点とするBody Carnivalに所属し、今年はクルーバトルの世界一決定戦Battle of the Yearにも出場した。今大会のジャッジNarumiと、B-girl部門で出場するAyumiは同じクルーをレペゼンするチームメイトである。独自のカルチャーやスタイルを盛り込んだダンスが持ち味で、オリジナル性の高いフットワークを武器とする。

2013年には日本最高峰のダンスバトルDANCE@LIVEで頂点に立つなど、関西だけでなく日本を代表するB-boyだ。2年前、国際大会のバトル中に、靭帯を損傷してしまうというアクシデントに見舞われたが、1年間のリハビリで回復、昨年よりシーンに復帰し、国内外様々バトルに参加している。過去よりもパワーアップしたKazuki Rockが世界の強豪相手にどう戦うのか?、唯一無二のスタイルで世界一を目指す。

Ayumi

photo by Tabasa

昨年のスイス大会のファイナリスト。2017年のRed Bull BC One World Finalでは、史上初のB-Girlとして参戦した実績も持つ。京都出身であり、関西を活動のベースとするAyumiは、関西を代表するクルーBody Carnivalのメンバー。姉のNarumiは同じチームのリーダーであり、今大会のジャッジを務める。姉妹揃って、国際大会での実績は多々あり、世界が注目するB-girlの一人である。今年8月に北海道の函館で行われた日本大会では敵無し、圧倒的な力で勝ち上がり今回の出場権を獲得した。昨年のWorld Finalでは優勝候補の一人として注目されていたが、惜しくもベスト4で敗退。悔しい思い出があるスイス大会については、「大会が終わった後もしばらく悔しい思いが残った…」とコメント。ただ、日本予選優勝時には「もう後はやるだけです!やります!ワールドファイナル優勝します!」とリベンジに燃えていた。昨年の悔しさをバネに戦うAyumiにも要注目だ。

公式ページからはライブ配信も予定されている。日本勢の活躍が期待される「Red Bull BC One World Final 2019」は今週土曜日に開催!

Red Bull BC One について

2004 年にスイスでスタートした Red Bull BC One は、レベル、開催規模、ステータス、どれをとってもブレイクダンスの世界では唯一無二の  1on1   ブレイクダンス・バトル・トーナメント。「ブレイクダンス」として知られるこのダンススタイルは本来、「Breaking:ブレイキング」と呼ばれ、踊り手はその頭文字を取ってB-Boy もしくは B-Girl と呼ばれます。また、日本国内の予選大会はいずれも世界レベルのダンスバトルが繰り広げられることで知られています。

開催概要

Red Bull BC One World Final 2019

開催日程:11月9日(土)

開催場所:ムンバイ(インド)

ジャッジ:Lil G, Poe One, Narumi, Intact, Physicx

ライブ配信:11月10日(日) 1:00AM〜(日本時間)

Text:Shin Akiyama

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
イベントスケジュール

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング