日本のB-GIRLシーンを牽引し続ける ERi FeNeSiS独占インタビュー<前編>

2022.12.01
interviewed & text by Takako Ito / photo by Jason Halayko / Red Bull Content Pool

まだまだ発展途上とも言える、日本のB-GIRLシーンを支え続けているB-GIRL ERi FeNeSiS。Red Bull BC One Cypher Japan 2022(以下:BC One)では激戦の上、決勝戦で盟友のYURIEとの一戦に敗北した。しかし、今大会で誰もがERi FeNeSiSの未知なる可能性をさらに強く感じたのではないだろうか。それほど、彼女にはB-GIRLとして、そしてひとりの人間として魅力があり、今後もシーンを大きく牽引する人物であることには違いない。そんな彼女に、BC One を終えた率直な感想と、今後の展望についての独占インタビューを公開。<前編>

ERi FeNeSiS(以下:E)

BC Oneを終えて率直な感想を教えてください。

E:「終わったー。」の一言ですね(笑)。今年も終わっちゃったな〜というのが率直な感想です。なんだか凄く、この1年は早かったです。

ご自身のパフォーマンスについてはいかがでしたか?

E:自分の中では、ベストを尽くせたと思っています。本番に向けてトレーニングや練習を集中して行ってこれたので手応えはありましたし、その結果身体を仕上げて挑むことができたと思っています。決勝で負けたのは悔しかったけど、相手にどうとかではなくて、単純に自分に対して悔しさというかそういう想いが強かったです。

今回のBC Oneは特にB-GIRL勢のレベルの高さに驚きました。印象に残るバトルを教えてください。

E:私のバトルで言うと3試合しかないので全部が印象的でした。どれもドラマがあったなぁと感じます。
1戦目のほのぴー(HONOKAA)は、一緒にトレーニングをしている子なので、敵でありながら、すごく可愛い後輩でもあり。一緒に苦しいトレーニングを乗り越えてきた仲間なので、勝ち負けはついちゃうんですが、あの場で戦えたことは凄く嬉しかったです。

Photo by FEworks

E:2戦目のAYANEについては、昨年のBC Oneで彼女に負けたので、今年は何がなんでも勝ちたいという気持ちがありました。この1年彼女がいてくれたから頑張れました。結果、私はリベンジをすることができたのですが、それは昨年彼女に負けたからこの1年があったので、この1年支えてくれてありがとうと伝えました。

Photo by FEworks

E:決勝のYURIEはもうずっと相方で、彼女がいなければ今の私はいないし一緒に世界のタイトルも獲ってきた仲なので、負けて悔しかったけど、素直にラストサイファーも頑張ってきてね!と言うことができました。個人的には「今、私たちがここで戦うのか!」というタイミングだったので、結構エモーショナルでしたね。YURIEとは、大会終わりに会いましたが特に深い話はしていなくて、いつも通りというか。言葉で伝えなくても、なんかお互いがそれでいいという感じなのかなと思います。

Photo by FEworks

E:最後、決勝戦が終わってステージから帰る途中、AMIちゃんが真っ先に駆けつけてくれて救われました。彼女は去年もすぐに駆け寄ってきてくれたのですが、それが心の救いでしたね。舞台裏ではTAISUKEとも話しましたし、負けて「クソー!」ってなっていた時に、AYUも来てくれて2人で号泣してましたね。いつも一緒に練習をしているNORIも来てくれて。みんな悔しいはずなのに、こうやって一緒に泣いてくれたり、励ましてくれたりする仲間がいることに感謝でした。

BC Oneと他の大会の違いは何か感じますか?

E:自分が獲りたいと思っているタイトルの中ではBC Oneだけまだ獲れてないのと、昨年も決勝で負けているので、今年はもう獲らないとなという想いでこの1年を駆け抜けてきました。BC Oneって通常の練習だけをしていては勝てないイベントだと思っています。BC Oneは他のイベントと違って、休憩がなく最初から決勝まで続けて行うので、回復の時間がとても短いのです。年齢が上の世代の人たちは、BC One対策として“回復するトレーニング”をしないと。そういったことも含めて、チャレンジをするにあたり1年を通じて焦点を当てて計画をして挑んでいます。この過程は他の大会にはあまりないですね。

身体のコンディションや練習環境について

E:私がここまでこれているのも、周りの仲間などの練習環境が本当に大切な要素だと思っています。ダンサーは身体ひとつでどこでも踊れるわけですが、中でもブレイキンのカテゴリーだと、メンタルもフィジカルも両方のバランスが大切だったりします。また、からだ作りについても凄く意識をしています。私は病気や手術を経験してますし、年齢のこともあるし、結構勉強もして自分のからだと向き合ってきました。からだって本当に繊細で、やればやるほどできるようになっていったりする実感があります。今は41歳という年齢ですが、練習プラス、トレーニングをしっかりしていれば私より半分くらい年下の子とも戦えるなって思っています。時間の配分や食べるもの、トレーニングなどはとても意識して管理しているので、アスリート的な考えを持つダンサーなのかもしれませんね。

日本のB-GIRLシーンについて

E:B-GIRLは若手がだいぶ多くなりました。今は私自身も育成に力を入れています。パリ五輪に向けてという目標もありますしね。若手と言っても10代はとても増えたのですが、20代は全然いない、というような印象です。B-GIRLとして彼女たちが成長するにつれて、続けられる選択肢を増やしていく努力はしていきたいなと思っています。

Photo by FEworks

BC Oneを通じて伝えたいことはありますか?

E:BC Oneを終えて、まずは仲間に感謝を伝えたいです。サポートしてくれている人も含めて。特にB-GIRLのベスト8のメンバーは戦友のように感じます。優勝したYURIEだって予選敗退もしながら、地方予選などを積み上げてファイナルに進出しました。ファイナルまで上がってきたメンバーたちは、泥臭くずっと頑張っていたと思います。
当たり前のことだけど、結局フォーカスされるのは「勝者」だけなんです。どんなにドラマがあって、食らいついて、ここまで這い上がってきたとしても、敗者の存在は取り上げられない。でも、そういうこの舞台に上がってくるまでのストーリーの方が実はドラマチックで感動的だったりするんですよね。そういう関係も私は大切にしていきたいし、今回支えてくれた全員に感謝を伝えたいです。

B-GIRL ERi FeNeSiSとして、今後の展望を教えてください。

E:プレイヤーとしてやめるつもりは全くなくて、まだまだバトルも出ていきたいと思っています。パリ五輪という軸で考えると、審査員としてチームに入っているので、私たちが選手たちにより良い環境を作ったり、全力でサポートをしていきたいと思っています。

パリ五輪以外でも、B-GIRLたちが辞めずに続けていけるような場は作っていきたいなと思っています。10代のB-GIRLは全国的にだいぶ増えた印象ですが、20代が極端に少ないんです。その理由のひとつとして“続けたいけど続けられる環境が整っていない”ということがあると思います。そういう子たちにとって、そっと背中を押すような活動をしていけたらいいなと思っています。

あとは、来年あたりに東京を離れて沖縄に拠点を移すので、地方からどう発信をしていけるのかを考えています。その地をリスペクトをしつつ、私にできることをしていきたいなと思っています。

不安がないと言ったら嘘ですが、少しでも不安要素を潰せるように今は現地に行って準備をしていますし、新生活の楽しみの方が大きいかもしれません。それは一緒にいてくれるパートナーのおかげでもあります。今後は、沖縄からB-GIRLとしての発信や活動をどうしていくのかを注力していきたいと考えています。

—- 次回、後編は今後の人生観を踏まえたひとりの女性としてのERi FeNeSiSにフォーカス。シーンのことやプライベートのこと、様々な視点から素直な想いを綴る。

B-Girl ERi FeNeSiS (Keep It Real, DownzKru, Qween of Qweenz)
16歳でStreet Danceを始め、様々なジャンルをこなし、地元愛知にてShowcase出演等で活動を続けてきた。20歳でAmericaの大学に進学のため単身渡米。 現地のBBOY達に出会い、本場NewYorkでBreakin’を始める。 BreakEasy, KingUprock, KWonを師事、America国内様々な大会で好成績を残す。 26歳で日本に帰国、地元愛知へ戻り、BBOY Crew Keep It Realに出会い・加入。 27歳で活動拠点を関東に移し、今現在も日本国内のみならず世界各国において、Judge・Workshop・Guest Battlerと活躍をしている。 また、日本のTop B-Girl集団Qween of Qweenzにも在籍し、海外からの支持も厚く、様々な国で好成績をおさめている。 2011年、B-girlの世界No.1を決めるB-Girl2on2の大会、We B☆Girlz日本予選で優勝。日本代表としてフランスで行われたWe B☆Girlz International Finalに参戦、優勝。世界No.1に輝く。 続いて同じ年に台湾で行われたBBOY Crewバトルにおいて、Qween of QweenzとしてB-Girlのみで参戦、優勝。史上初のB-girl Crewでの世界大会優勝となった。 2012年、スロバキアで行われたOUTBREAK International 2012 Finalにおいても、B-Girl Soloバトルで優勝。ソロでも世界No.1に輝いた。 2013年、オランダで行われたIBE 2on2 Bgirlバトルにおいても優勝。 以降も毎年数々の世界タイトルを獲得し続けている。 海外だけでなく、国内でもBBOYシーンの第一線で活躍中。 国内最高峰レベルといわれるDance@liveにおいては、Break sideにて2年連続ファイナリスト。 2014、2016年度は、All Style sideで好成績をおさめ、日本人bgirl初All Style sideでファイナリストとなる。 今もなお進化し続け、バトルだけでなく、様々なアーティストとコラボ、ショーケースなども行い、2016年にはストリートダンスの舞台BRING IN’DA FRESHにも出演など活躍の場を広げている。

<経歴>
BBOY ORYNPIC 1on1 B-Girl in ボストン 優勝 
1on1 B-Girl in サンフランシスコ 優勝 
2on2 B-Girl in ニューヨーク 優勝 
1on1 B-Girl in ニューヨーク 優勝 
2007 Mighty4 Toprock in サンフランシスコ 優勝 
2009 Old School Night BBOY Crew 準優勝 
Be-BBOY TOKYO 5on5 優勝 
2011 We B☆Girlz Japan 2on2B-girl 優勝 
2011 Free Style Session Taiwan BBOY Crew in 台湾 優勝 
2011 We B☆Girlz Intesnational 2on2 in フランス 優勝 
Female Trouble Show Contest 準優勝 
Radikal Forze 2on2 BBOY in シンガポール 準優勝 
Dance@live Break side Season7ファイナリスト
Outbreak 1on1 B-Girl in スロバキア 優勝 
2012 International 2on2 B-girl in 台湾 優勝 
Dance@live Free Style Side in 石川 優勝 
Chambery 4on4 BBOY in フランス 準優勝
Dance@live Break side Season8ファイナリスト
Dynamic Rockers 34th anniversary 2on2 Bgirl in ニューヨーク 優勝
Dance@live Free Style side Kanto vol.2 優勝
IBE2013 2on2 Bgirl in オランダ 優勝
Dance@live 2014 Freestyle side ファイナリスト
B.I.S 2on2 Bgirl in 中国 優勝
B.I.S Footwork battle in 中国 準優勝
REHERB Toprock battle 優勝
Dance@live 2016 All Styles side ファイナリスト
UnexpectedJan bboy 2on2 日本予選 優勝
SHINE bgirl 2on2 in カナダ 準優勝
Join the game Toprock & Drop battle in 新潟 優勝
GroovdLine freestyle side in 沖縄 優勝
THE JAM Toprock side 2019 優勝
THE JAM Bgirl side 2020 (Online) 優勝
Surviv ILL Bgirl side 2020 (アメリカOnline) 準優勝
Red Bull BC One Japan Final 2021 準優勝
Battle Pro Japan 2021 優勝
Unvsti Bgirl solo 2021 in フランス 優勝
ブレイクダンスの日 2022 in広島 優勝
THE JAM Bgirl side 2022 in 青森 優勝
Red Bull BC One Japan Final 2022 準優勝
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
2月 2023
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
« 1月   3月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧