石田太志がフットバッグ世界一!2部門で入賞果たし初代総合チャンピオンに

2018.08.30
TanakaHiromu

日本で唯一のプロフットバッグプレイヤーである石田太志が、7月22日から28日まで、ブルガリアのソフィアで開催されたフットバッグの世界大会「39th WORLD FOOTBAG CHAMPIONSHIPS 2018」に出場した。石田はシュレッド30部門で優勝、シングルルーチン(フリースタイル)で2位に入り、初代総合チャンピオンに輝いた。

同大会で、石田は2014年にシュレッド30部門でアジア人初優勝を果たしていた。今年は2度目の世界一に向けて、日本人で唯一出場し、4年ぶりのタイトルを獲得した。

執筆者について
TanakaHiromu
中学時代からフリースタイルフットボーラーとして活動し、学園祭や各種イベントでのパフォーマンスのほか、大会にも出場。2014年の関東大会ではベスト4にランクインした。現在はシーンの普及・発展に携わっている。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング