フリースタイルフットボールの花形!エアームーブの代表技を難易度別で紹介

2018.11.20
TanakaHiromu

フリースタイルフットボールの花形といえば、ボールを足で跨ぐ「エアームーブ」である。サッカー部に所属していた人なら誰もが一度は挑戦したことがあるのではないだろうか。

そんなエアームーブには、様々な難易度の技が存在する。その難易度は跨ぎの回数を表す「DEX」という単位で示され、最も簡単なのが0.5DEX(半跨ぎ)で、最も難しいのが4DEX(4回跨ぎ)となっている。フリースタイルフットボールは日々進化を遂げているため、今後は4.5DEXの技が生まれる可能性も大いにある。

0.5DEX

エアームーブの中でも最も難易度の低い0.5DEX。1周跨ぎ切るのではなく“半周”だけ跨ぐトリックを指す。

動画で紹介しているトリックは「Cross Over(クロスオーバー)」という技である。リフティングの上手いサッカー部であれば比較的簡単にメイクできるが、基礎技としての重要度はかなり高い。

 

1DEX

1周跨ぎを指す1DEX。フリースタイルフットボールで最も有名な技ともいえる「Around The World(アラウンド・ザ・ワールド)」は、この1DEXに当たる。

 

1.5DEX

1DEXと0.5DEXを複合させた1.5DEX。フリースタイルフットボールの登竜門とも位置付けられる。最も有名な「Swirl Around The World(スワール・アラウンド・ザ・ワールド)」は、サッカー部のリフティング上級者がなんとかできるレベルといったところだろうか。

 

2DEX

片脚、または両脚を使って一気に2周跨ぐ2DEX。その中で最も代表的なのが「Double Around The World(ダブル・アラウンド・ザ・ワールド)」である。ここまで来れば、フリースタイルフットボール上級者と言えるだろう。

 

3DEX

出典:YouTube(freestylefactory)

高難度の3DEX。片脚で一気に3回跨ぐ「Palle Around The World(パレ・アラウンド・ザ・ワールド)」が有名である。エアームーバーの中では、この3DEXを何種類できるかを競い合う人もいる。

 

4DEX

出典:YouTube(k3vinfreestyle)

そして最後に、最高難度の4DEXである。「K3vin Around The World(ケビン・アラウンド・ザ・ワールド)」は、右足が本当に跨げているのかが議論の対象となったが、人間離れしたトリックであることに違いはない。

 

動画提供:Ball Beat

執筆者について
TanakaHiromu
中学時代からフリースタイルフットボーラーとして活動し、学園祭や各種イベントでのパフォーマンスのほか、大会にも出場。2014年の関東大会ではベスト4にランクインした。現在はシーンの普及・発展に携わっている。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング