世界レベルのアーバンスポーツアスリートが川崎に一挙集結!クロスカルチャーイベントISF KAWASAKI!

2018.11.30
SHIN

ブレイクダンス、スケートボード、BMX、ダブルダッチ、ヒューマンビートボックスなど様々なストリートカルチャーやアーバンスポーツがこの日、川崎に集結した!

2018年11月25日(日)世界レベルのストリートの祭典“ISF KAWASAKI”(INTERNATIONAL STREET FESTIVAL KAWASAKI)が川崎チッタエリアにて開催され、日本主導のブレイクダンス世界大会であるSUPER BREAKや、日本で唯一のアーバンスポーツ系チームコンペティションSTREET GAMESなどが行われ、世界レベルのアスリートたちが見せるパフォーマンスに大勢の観衆が集まった。
このイベントは、川崎市、特に溝の口駅やクラブチッタが日本におけるブレイクダンスの発展の歴史においてもっと重要なエリアであること、そしてBMXやスケートボードなど様々なジャンルのアスリートも川崎から多く輩出している実積があることから、縁のあるこの地域での開催となった。
また、川崎市としても“ストリートカルチャーやエクストリームスポーツなどの若者文化を活かす”という方針を打ち出しており、川崎は今後もアーバンスポーツにおける注目のスポットとなっている。

日本主導ブランドで世界初開催となったブレイクダンスの世界大会、SUPER BREAKではCREW BATTLEとBGIRL 1 on 1 BATTLEの2種類が開催され、CREW BATTLEは招待チームを含み世界から8チームが集まり白熱のトーナメントを繰り広げた。
またBGIRL 1 on 1 BATTLEはBATTLE GUESTに、世界を代表する日本のB-GIRL AMIとRAMを迎え、日本当日予選バトルを勝ち抜いた6人とのバトルが行われた。CREW BATTLEでは、日本のBODY CARNIVALやThe Floorriorzを次々と倒し、圧倒的な強さで韓国のJINJO CREWが優勝、BGIRL 1 on 1 BATTLEではFINALの対戦カードでAMI対AYUの姉妹対決をAMIが制し見事優勝を果たした。

別会場で行われた5つのアーバンスポーツの団体戦「STREET GAMES」も今回のイベント注目のコンテンツ。
2015年より行われている今大会は、「スケートボード」「ブレイクダンス」「BMX」「ダブルダッチ」「ヒューマンビートボックス」の5種類による団体戦となっており、それぞれのジャンルで行われる予選を勝ち上がったメンバーで、ジャンル混合の4チームが組まれ決勝トーナメントを戦うという、日本で唯一のクロスカルチャーコンペティションである。
毎回ハイレベルなバトルとなるこのイベントだが、今回の出場選手でも世界で活躍するBMXの片桐兄弟、片桐亮と片桐悠などワールドクラスの選手が多数見受けられた。
その中、優勝は世界一の実積を持つブレイクダンサーISSEIを有するチームが勝ち取った。

この日は他のエリアでも、未就学児対象のオープンクラスランニングバイクレースROCK’S CUPや世界で活躍する「DRAGON76」「WOOD」2人のグラフィティアーティストによる
路上ライブペイント「Graffiti」なども行われ、一日を通じて様々なカルチャーを体感できるイベントとなった。
今後も川崎エリアから発信されるストリートカルチャー・アーバンスポーツコンテンツは注目である。

SUPER BREAK result

・CREW BATTLE

優勝 JINJO CREW(韓国)
準優勝 BODY CARNIVAL(日本)

・BGIRL 1 on 1

優勝 AMI
準優勝 AYU

STREET GAMES result

優勝チーム
Bboy:ISSEI
Double Dutch:KO-YA
Human beat box:ウタ
BMX:伊藤 真人
SK8:西宮ジョシュア

開催概要

タイトル  : INTERNATIONAL STREET FESTIVAL KAWASAKI
開催日程  : 11/25(日) 10:00~20:00
会場    : 川崎クラブチッタ、ラ チッタデッラ一帯(〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町4-1)
内容    :
・ SUPER BREAK :ブレイクダンス国際大会
・STREET GAMES :BMX、ブレイクダンス、ダブルダッチ、ヒューマンビートボックス、スケートボードによるコンペティション異種混合団体戦
・ROCK’S CUP :キッズラーニングバイク大会
・GRAFFITI :有名アーティストによる路上ライブペイント
主催    : INTERNATIONAL STREET FESTIVAL KAWASAKI 実行委員会
共催    : 川崎市
後援    : 公益社団法人日本ダンススポーツ連盟 / 特定非営利活動法人日本ダブルダッチ協会
日本ヒューマンビートボックス協会 /川崎商工会議所
一般社団法人川崎市観光協会 /川崎駅広域商店街連合会
運営    : 株式会社 IAM / 有限会社 OVER THUMPZ / 株式会社ロックス
目標動員数 : 12,500人(イベント期間累計)
協賛    :Sony Music、G-SHOCK、PioneerDJ、Columbia、ON THE MARKS

執筆者について
SHIN
10代の頃、プロ野球チームである 東京ヤクルトスワローズ のジュニアチームに所属し、日本一になったことをきっかけにスポーツが大好きになる。学生時代から現在まで、ダンサー、バックパッカー、スノーボードインストラクター、学生起業、イントレプレナー、デジタルマーケティングなどを経験し、様々なフィールドで活動中。FINEPLAYでは、ダンサーとしての活動経験や、スポーツの実体験を通じて、よりプレイヤー目線で、リアルな情報を発信。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング