|

SNOW

【角野友基がAIR + STYLE Los Angelesで優勝】史上初の最高難易度の大技を完璧にメイク

角野友基が史上初の最高難易度の大技を完璧にメイクしAIR + STYLE Los Angelesで優勝!

Stale Sandbech、Yuki Kadono、Mark MacMorris、Sebastien Toutant、Sven Thorgrenの5名によって行われたSuper Finalで、1本目角野はBackside Triple Crok 1620 muteを完璧にメイクし46.73ptを叩き出し暫定首位に躍り出る。

2本目他の強豪がことごとく失敗する中、角野はSwitch Backside 1260 muteを安定してメイクし40.39ptを獲得し、この時点で首位独走状態。
3本目、角野はGamesでもメイクできなかった世界最高難度のSwitch Backside Triple Cork 1620 Melonをメイク!今大会最高得点を叩き出し合計95.62ptで他を圧倒し優勝。
今回Air + Styleの初の開催地のロサンゼルスで史上初のSwitch Backside Triple Cork 1620 Melonをメイクして優勝したことは本人にとってもこれからの自信につながるだろう。

■ファイナルリザルト

1. 角野友基   95.26

2. セバスチャン・トータント(Sebastien Toutant)70.13

3. ステール・サンドベック(Stale Sandbech)  65.65

4. マーク・マクモリス(Mark Mcmorris)58.65

5. スヴェン・ソーグレン (Sven Thorgren)44.72

Air + Style LA | Day 1 Recap

出典:YouTube(Air + Style)

■関連リンク

air-style.com

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP