パラアスリートがサーフィンにチャレンジ! 1日限定“超”ユニバーサルビーチ

2018.07.18
SHIN

ハンディキャップのある人とプロサーファーやパラアスリートが様々な垣根を取り払い、海でサーフィン体験を通じて最高の時間を共に過ごした。

7月7日(土)、静岡県白浜海岸において~1日限定“超”ユニバーサルビーチ~「みんなでサーフィン体験会2018」が開催された。

本イベントは、日本プロサーフィン連盟が主催し、株式会社レプロエンタテインメントが特別協賛するプロのサーフィン大会「伊豆下田CHAMPION PRO」に併せて催された。

本イベントは、トークショーとサーフィン体験会で構成され、サーフィン体験には下半身が不自由で車椅子に乗る方たちなど12名が参加し、長さおよそ80メートルに渡って敷かれた、マットの上を通り海まで進みサーフィンを体験した。

地域の子どもたちやハンディキャップのある人たちなどがビーチに集まって、プロサーファーの大橋海人選手や、プロ車椅子テニスプレイヤーの荒井大輔選手などと共に本場のサーフィンを体験し、健常者も障害者も関係なしに自然の中で一緒の空間を楽しみ素敵な思い出を作っていった。

ユニバーサルビーチ

今回のイベント立ち上げにも関わり、ユニバーサルビーチの推進人でもある木戸俊介さんは以下のように意気込んだ。

「日本はまだどっかでやっぱり健常者と車椅子の人との生息域が分かれてる感じがするというか、生活の動線が違うというのが僕の中ではもったいないなと思います。

だから今回のイベントは垣根なく、一緒にステージに立つことや一緒に海でサーフィンをするということを大事にしたかった。

是非皆さんも、スタッフさんも今日は海に一緒に入りましょう!」

ユニバーサルビーチの推進人でもある木戸俊介

 

トークショーが終わり、サーフィン体験へと移ると、プロサーファーである大橋選手が先頭に立ち、地元の子どもたちも一緒になって海へと進んでいった。身体にハンディキャップを抱える人達が海に入り、サーフィンをするというのは、少し怖い気もする。ところが、実際にその場にあった光景は、笑いと笑顔に満ちたビーチだった。障害を抱える方達に海の思い出を作ってもらいたいと、プロサーファーを筆頭に大人たちが声を掛け合い、一つになってゆく。まさみ垣根を超えてすべての人が繋がり笑顔があふれるイベントとなった。

東京五輪に向けて盛り上がっている中、サーフィンに限らずスポーツを通じて障害者と健常者の交流の場が増えることを今後も期待したい。

ユニバーサルビーチ

大橋海人 選手 コメント

海に入って思っていたのは、障害者の人も健常者の人も共通してみんな同じ顔するなということ。みんな海の中が気持ちよさそうだし、波に乗れた時は笑顔が出るし、とても盛り上がって楽しかったです。

東京五輪に向けてサーフィンが注目されるのは良いこと、みんながサーフィンを知ったり、やるきっかけになってくれれば良いです。

みんな一回海入ってみたら分かると思うけど、気持ちいし、爽快感あるし、障害者の人でもサーフィンにチャレンジして欲しいです!

大橋海人

荒井大輔 選手

初めてちゃんと教えて貰いながらサーフィンやりました!最後まで波に乗れなかったので悔しい、リベンジしたいです。

このように一緒にスポーツができることは素晴らしいと思います。障害者スポーツは障害者しかやらないという考え方は嫌ですし、一緒に同じ場所でできることはとても嬉しいです。是非、健常者の方にも車椅子テニスを体験してもらいたいです。

東京五輪に向けて各競技が注目されてますが、この注目が東京五輪の後も続くことが大切だと思います。

障害者の方々は、出来ない理由ではなく出来る理由を探して何事にもチャレンジして欲しいです。やれる理由を探して飛び込んでいくことで人生も変わると思います。

荒井大輔 選手

水野亜彩子 選手

私達がサーフィンを教えるというよりも、逆に教えられることがたくさんありました。

ハンディキャップのある方々と触れ合うと「いつもどおりで教えてよ!」とか「ハンデは関係ないよ」って自分の口から言ってくれるので、気持ちがポジティブになります。

サーフィンというスポーツは五体満足でなくとも海に入ることで自然を感じることが出来るのでもっと一緒に取り組めるイベントが増えて欲しい。

水野亜彩子

葭原滋男 さん

障害があると、例えば目が見えないことで他の人に怪我をさせてしまう可能性もあるので、普段一人でサーフィンをすることは中々難しいです。こうやってイベントを実施して頂き、みんなでサーフィンが出来ていろんな方々に見て頂けると嬉しいです。

東京五輪に向けて競技サーフィンだけでなく、プレイベントなどでブラインドサーフィンも伝えていきたいです。

僕の中でサーフィンは自然との対話です、目が見えないと波の状況はわからないけど、風を感じたり足裏から波を感じたり、自然と調和することが出来てすごく楽しいので、目が見えない方でも諦めずにサーフィンにチャレンジして欲しいです。

葭原滋男 さん

「みんなでサーフィン体験会2018」

開催期日:2018年7月7日(土)12:00~15:00

開催場所:静岡県白浜海岸

ゲスト:荒井大輔 大橋海人 木戸俊介 葭原滋男

MC:近藤カコ

JPSAジャパンプロサーフィンツアー2018「伊豆下田 CHAMPION PRO」

主催:一般社団法人 日本プロサーフィン連盟(JPSA)

期  日/7月6日(金)~8日(日)

会  場/静岡県白浜海岸

特別協賛/株式会社レプロエンタテインメント
協  賛/株式会社テイクオフ 株式会社JTB
関彰商事株式会社 株式会社キューブ
株式会社ジョンマスターオーガニック アサヒ飲料株式会社
株式会社明治 株式会社コーセー

執筆者について
SHIN
10代の頃、プロ野球チームである 東京ヤクルトスワローズ のジュニアチームに所属し、日本一になったことをきっかけにスポーツが大好きになる。学生時代から現在まで、ダンサー、バックパッカー、スノーボードインストラクター、学生起業、イントレプレナー、デジタルマーケティングなどを経験し、様々なフィールドで活動中。FINEPLAYでは、ダンサーとしての活動経験や、スポーツの実体験を通じて、よりプレイヤー目線で、リアルな情報を発信。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング