アートな夏をRVCA SHIBUYAで。第三弾は豪州からTom Gerrardが来日

2018.07.25
FINEPLAY編集部

カリフォルニアに拠点を置き、様々なアーティストにより命を吹き込まれたアパレルやアクセサリーを販売するグローバル・ライフスタイルブランド「RVCA(ルーカ)」が、“THROUGH MY EYES by Tom Gerrard”を7月27日(金)よりRVCA SHIBUYA GALLARYにて開催する。

暑い夏と同じく盛り上がるRVCA SHIBUYAの2Fには、無料でアートが楽しめるギャラリーが併設されていることはご存知だろうか?ブランドRVCAの世界観が思う存分堪能できるギャラリーでは定期的にエキシビションを開催している。

来たる7月27日(金)からは、第三弾としてオーストラリアよりTom Gerrard(トム・ジェラード)が来日し、国内初となるエキシビションを開催する。初日の27日(金)は、どなたでも参加できるオープニングパーティーを開催。アーティスト本人も参加予定なのでお見逃しなく。

THROUGH MY EYES by Tom Gerrard

日時 : 7月27日(金)〜8月 6日(月)/ 11:00 〜 20:00
※初日18 : 00〜21 : 00にて、どなたでもご参加いただけるレセプションパーティーを開催します
場所 : RVCA SHIBUYA 2F(東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル)
特別協賛: BINTANG BEER

Tom Gerrard

トム・ジェラードとストリート・アーティスト・イオン。彼らの2人のキャリアは、何年もの間、隣り合って存在しています。共にオーストラリア国内外で展示され、世界中のアートコレクターたちによりさらわれています。

2人の芸術家が実は同人物で、二つの異なるスタイルで異なるアングルからアートワールドにアプローチしているということを知っている人は殆どいません。イオンの絶妙なアイコニックなキャラクターは、オーストラリアを越えて、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどのストリートで見ることができ、それは彼を世界で最も広く知られるオーストラリアのストリートアーティストの一人にさせます。

同時にトム・ジェラードのキャリアは、主にロンドン、パリ、ベルリン、バルセロナ、LAのような都市のギャラリーで築かれています。彼はまた自身のポッドキャストであるBENCH TALKで司会を務め、アーティストやクリエイターへ彼らのキャリアについてインタビューしています。

RVCA(ルーカ)

カリフォルニアに拠点を置き2000年にスタートしたRVCAは、若者を象徴しインスパイアするトレンドから逸脱したデザイン主義のライフスタイルブランドです。アメリカのワークウェアをルーツにファッション性を追求し、アクションスポーツの境界を越えて独自のブランドを確立してきました。

“THE BALANCE OF OPPOSITES”というその世界観は、自然と人工、過去と現在、秩序と無秩序など、相反するものが共存するさまを象徴しています。「Artist Network Program(ANP)」などクリエイティブな感性を持った人々のサポートや数多くのコラボレーションも手がけています。  

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング