高橋 健人がJPSA初優勝、女子は野呂 玲花が4年ぶり優勝!『CHIBA ICHINOMIYA PRO supported by 湾岸画廊』

2018.10.22
SHIN
photo by masahiro mizuguchi

2018年10月21日(日)、千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸(志田下)にて4日間にわたり行われた、JPSAジャパンプロサーフィンツアー2018ショートボード第7戦『CHIBA ICHINOMIYA PROsupported by 湾岸画廊』が大会最終日を迎えた。

この日行われたメンズファイナルでは、地元千葉出身のプロサーファー高橋 健人(たかはし けんと)が田中英義、加藤嵐、大原洋人とのファイナルヒートを接戦の末、見事制し優勝、嬉しいJPSA初優勝を手にした。尚メンズのファイナリスト4名は全員が千葉出身というオール千葉勢によるファイナルとなり、まさに千葉一宮で千葉の頂点を決める熱い戦いとなった。

ウィメンズでは野呂 玲花(のろ れいか)がJPSA4年ぶりとなる優勝を果たしチャンピオンに!今回の優勝で年間ランキングも2位に浮上した。

大会最終日は晴天となり天候にも恵まれ、また波のサイズも前日から更にアップ、大会期間中最もサイズのある中でヒートが行われた。パワーのある波も多く、選手がエアリアルやチューブライディングに挑みオーディエンスを沸かせるなど、この日集まった観客にとっても最初から最後まで目が話せないファイナルデイであった。

CHIBA ICHINOMIYA PRO supported by 湾岸画廊

photo by masahiro mizuguchi

高橋 健人 選手 コメント

優勝した瞬間、最初は何が起きたのか分からなかったが本当に嬉しいです!

自分のホームはここから少し離れた大原なんですが、大会に出るようになってからはここ志田下でもたくさん練習してきました。千葉で行われるJPSAも良く観に行ってましたし、そこで活躍している地元の先輩方を見る中で自分もいつかこの舞台で優勝したいな、と思っていたいので、その夢が今日叶うなんて思ってもいなかったです。

正直ここまで来るのに結構大変で、大きい怪我もしましたしなかなかJPSAで勝てなかったです、ただそれでも支えてくれていたスポンサーさんには本当に感謝です。そして僕を応援してくださった方々、運営サイドの皆さん、ローカルサーファーの方、本当にありがとうございました。次もグランドチャンピオン目指して頑張っていきたいです!

高橋 健人

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

野呂 玲花 選手 コメント

オリンピックの会場で行われた今大会、いつも志田下で入っているのでここで優勝出来て嬉しいです!気持ち的に緊張はしなかったですね、普段どおりのライディングが出来たので勝てたと思います。ここ何年か全然勝てない時期が続いていたので、コーチングをしてくださったコーチに感謝したいです。

何年も勝てなかったけど、それでも応援してくださった方、いつもサポートしてくれているスポンサーの皆様ありがとうございました。最終戦も自分のサーフィンを出して優勝したいと思います、次も頑張ります!

また今大会は今シーズンで現役を引退する田中樹にとって、地元のホームポイントで行われる最後の大会となった。試合はクオーターファイナルの第2ヒートで惜しくも3位となり敗退してしまったが、当日は地元の仲間や先輩・後輩サーファーなど多くの人が田中樹の為に会場に集まり、オリジナルの応援Tシャツを来て声援を送った。ヒート終了後には会場全体からも熱い声援が送られ、田中樹選手が思わす涙する一面も見られた。これから始まる第二のサーファー人生での活躍にも期待したい!

野呂 玲花

photo by masahiro mizuguchi

野呂 玲花

photo by masahiro mizuguchi

田中 樹 選手 コメント

自分のホームポイント志田下での最後の試合、正直勝ちたかったです。ヒートの終盤最後に1本乗れたら逆転の可能性もあったんですけど乗れなくて、気持ち的には焦りもありました、こればかりはしょうがないですね。でも最後にこのポイントで地元のみんなの前でやれて、僕のコンペティターとしての最後がこれで良かったです。最後は泣かないと思ってたんですけど泣いちゃいました、、、笑

そして準々決勝で戦った加藤 嵐は地元が一緒で、彼が小さい頃から教えたり一緒にやっていたりしたんですけど、最後は見事に負かされましたね。JPSAについては残り1戦あるので頑張ります!

今期で引退することにはなりコンペティターとしては退きますが、サーフィン業界に携わってこれからもサーフィンの発展の為に頑張っていきたいです。

田中樹

photo by masahiro mizuguchi

結果『CHIBA ICHINOMIYA PROsupported by 湾岸画廊』

男子

1位:高橋 健人
2位:田中 英義
3位:加藤 嵐
4位:大原 洋人

CHIBA ICHINOMIYA PROsupported by 湾岸画廊

photo by masahiro mizuguchi

女子

1位:野呂 玲花
2位:庵原 美穂
3位: 川瀬 心那
4位:渡辺 愛
特別賞:野呂 玲花

野呂 玲花

photo by masahiro mizuguchi

THE MOMENTS of CHIBA ICHINOMIYA PRO

CHIBA ICHINOMIYA PRO

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

開催概要
期日/10月18日(木)~21日(日) ※プロトライアル同時開催
会場/千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸(志田下)
協賛/株式会社湾岸画廊

執筆者について
SHIN
10代の頃、プロ野球チームである 東京ヤクルトスワローズ のジュニアチームに所属し、日本一になったことをきっかけにスポーツが大好きになる。学生時代から現在まで、ダンサー、バックパッカー、スノーボードインストラクター、学生起業、イントレプレナー、デジタルマーケティングなどを経験し、様々なフィールドで活動中。FINEPLAYでは、ダンサーとしての活動経験や、スポーツの実体験を通じて、よりプレイヤー目線で、リアルな情報を発信。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング