波乗りジャパンオフィシャルウェアに QUIKSILVER×TOKOLOコラボモデルが登場!

2019.07.25
FINEPLAY編集部

ボードライダーズジャパン株式会社が有するボードライディングスポーツにおけるリーディングブランド「QUIKSILVER」が、オフィシャルサプライヤー契約を締結しているサーフィン日本代表チーム「波乗りジャパン / NAMINORI JAPAN」の2020年の公式ウェアコレクションとして、美術家 野老朝雄(ところあさお)のアートワークが施されたコラボモデルを2020年3月より展開する。
それに伴い、7月16日(火)にボードライダーズジャパン株式会社 本社にて公式ウェアコレクションのお披露目イベントが開催された。
当日は、野老や波乗りジャパンアスリートをゲストに迎えて、今回のアートワークに関してのプレゼンテーションや公式ウェアコレクションの商品紹介、トークセッションが行われた。

今回の「QUIKSILVER×TOKOLOコラボモデル」は、“繋がり=CONNECT”をテーマにシンプルかつ厳密な幾何学から生まれた野老のアートワーク:組波紋様山波紋を各アイテムに大胆かつ象徴的にデザイン。同じピースで描かれた今回の波紋様をあしらった「QUIKSILVER×TOKOLOコラボモデル」を着た人たちがビーチで繋がりあい人と人とをどこまでも繋ぐ大きな希望のうねりとなって、大きな力をもたらしてくれる・大きなチカラになるという思いが込められたデザインとなっている。また、今回のコラボモデルの展開色:「藍色」は、日本に古くから存在し今に伝わる伝統的な色であり、藍の中でも“勝色”と呼ばれる濃い藍色は日本のラッキーカラーで、武士たちが戦の時に装備する甲冑の鎧下(肌着)がこの“勝色”で染められていた。武士たちが、ここぞの大一番で好んで着ていた強い青、ジャパンブルー、侍ブルーでも親しみのある“藍色”。そんなストーリーを持ったわが国の伝統色を「波乗りジャパン」の選手たちにも身に着けてもらいたいという野老、そしてブランドの熱い思いがこのコラボモデルには込められている。
2020年より展開される「QUIKSILVER×TOKOLOコラボモデル」は、「TECHNOLOGY LINE」と「ECO FRIENDLY LINE」に加え、Eコマース限定で販売される「EXCLUSIVE LINE」の“NAMINORI AIZOME”も展開される。

野老朝雄 Asao TOKOLO / 美術家

1969年東京生まれ。幼少時より建築を学び、江頭慎に師事。2001年9月11日より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行なっている。

 2016年~ 東京大学工学部非常勤講師、東京造形大学客員教授 
2017年~ 筑波大学非常勤講師
2018年~ 東京大学教養学部非常勤講師
2019年~ 宮城大学客員教授、四国大学特認教授

 <主な作品>

2013-16年  「大名古屋ビルヂング」(設計:三菱地所設計)のための下層部ファサードガラスパターン制作(愛知)2016年 東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレム
2017年 「大手町パークビルディング」(設計:三菱地所設計)のための屋外彫刻作品
[TOWER OF CONNECT] 制作 (東京)

QUIKSILVERについて

ボードライディングスポーツのリーディングカンパニーのクイックシルバーは、 1969 年にオーストラリアのサーファー、アラン・グリーンとジョン・ローの二人によって、パフォーマンス性とファッション性を兼ねたボードショーツ創りからその歴史をスタートした。サーフィンに対するノウハウと哲学を基に、高品質かつ斬新なスタイルを組み込みんだ優れたボードショーツは、瞬く間に世界中のサーファーへと広がった。 1986年には、スノーウェアマーケットにも参入。地味なデザインが多かったスノーウェアに、ネオンや、原色を使ったボードショーツの柄を取り入れたことが業界に衝撃を与え、一躍注目を浴びる。 80年代中期には、スケートチームを結成。サーフカンパニーでは初めてスケートブランドとしての一面を持ち、ストリートウェアも展開する。そして現在でもクイックシルバーは、世界トップクラスのサーフ、スノー、スケートのアスリートのサポートと、パフォーマンス性とファッション性を兼ね備えた最高のウェアとギアを提供している。ボードショーツ創りから始まったクイックシルバースピリットは色褪せることなく引き継がれ、今も尚、進化を続けている。

波乗りジャパン / NAMINORI JAPAN について

2016年、NSA(日本サーフィン連盟)ホームページ上の一般公募により選ばれた愛称で、世界選手権や世界ジュニア選手権に派遣される日本代表チーム、そのほか限られたNSA強化指定選手が日本を代表して戦う際に使用される。象徴として用いられるマーク「RisingWave」は、一定の規則性で変形した円の集合体でデザインされている。円は「日本」、集合体は「チーム」を意味しており、日本全体が一致団結して大きなひとつの波になり勝利を目指すことを表現している。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
イベントスケジュール

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング