|

SURF

【訃報】ブラジルを代表するビッグウェイブサーファー“リカルド・ドス・サントス”が逝去

【訃報】“リカルド・ドス・サントス”が逝去

現地1月20日火曜日、ブラジルの「ローカル・ニュース・アウトレット」は、ブラジリアントップサーファーのリカルド・ドス・サントスが、3発の銃弾に倒れ、地元の「セント・ジョセフ病院」に運ばれ緊急手術を受けたものの、24歳の若さで帰らぬ人となったと報じた。
彼は1月19日サンタカタリーナの自宅近くビーチで二人の男と口論となり、胸と腹を3回撃たれて、病院に搬送されていた。

サントスはビッグウェイブ・チャージャーとしても知られ、近年では2012年シーズンのビラボン・プロ・チョープーのトライアルで優勝し、「Andy Irons Most Committed Award」を受賞し、2013年シーズンには「Billabong Rio Pro」に出場しており、これからの活躍が期待されていたサーファだった。
2014年シーズンはブラジリアンサーファーとしてガブリエル・メディーナが初のワールドチャンピオンになるというプロサーフィンの歴史を塗り替える偉業を成し遂げ、盛り上がりを見せていたブラジルのサーフィン界は、大きな悲しみに包まれている。

心からご冥福をお祈りいたします。

Ricardo Dos Santos RIP

出典:YouTube(World Surf League)

■関連リンク

Facebook

■関連記事

WSL第1戦『Quiksilver Pro Gold Coast』フィリペ・トレド優勝

『Drug Aware Margaret River Pro』エイドリアーノ・デ・ソウザ優勝

2014年ASPワールドチャンピオン・ビラボンパイプマスターズ・トリプルクラウンのチャンピオンが決定!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP