OB・OG・学生の垣根を超える「Out Hedge」関西初開催、熱い空間に

2019.07.08
FINEPLAY編集部
優勝した「最and CO.ltd.」

大阪・船場の心斎橋CELLで6月23日、関西で初開催となるダブルダッチイベント「Out Hedge(アウトヘッジ)」が開催された。「Out Hedge」は、選抜されたOB・OGのペア12組と、くじで選ばれた学生たちがチームを組み「垣根を超えろ」をテーマに戦う大会。OB・OGたちの強い意思と、それについていく学生たちによるレベルの高いパフォーマンスが繰り広げられた。

 優勝したのは、卓越したリズム感を武器に圧倒的な呼吸感を見せた「最and CO.ltd」。引っ張るのは、オリジナリティあふれるグルーブをもつ実力派プレイヤー、Michealさん・・ITOSHIMAさん・いのちゃんさん。黒色のシャツと白色のTシャツで揃えてクールな雰囲気を醸し出しながらも、展開の多い構成で一人ひとりのムーブを引き出し、最後はお洒落で爽やかな曲調で会場を巻き込んだ。

準優勝は、プロチーム「NEWTRAD」のAIさんとUrynaさんが率いる「Caraways」。レトロな衣装と曲調で、他のチームとは一線を画したパフォーマンスを表現。大会のトリを飾りながらも、プレッシャーに負けずミスの少ないパフォーマンスで独自の世界観に引き込んだ。

レトロな衣装が目立った「Caradays」
OBのAIさんと学生による2ソロ

3位は、独自のパーティ路線で会場を盛り上げるパフォーマンスで定評を持つYOSSYさん、MATSUさん、Kuriboさんの3人組が率いる「YOSSY ISLAND Jr.」。明るく楽しげなパフォーマンス中に、音に合わせて巨大なクラッカーを打ち鳴らし、笑いの絶えない演技で会場をジャックした。

優勝チーム「最and CO.ltd.」を率いたMichelさんは「年齢差や大学の違いといった垣根を超えて、チームメイトがノリノリで楽しそうにパフォーマンスをしていたことが何よりも嬉しかったです。今後、もっとノリノリな彼らを見られることを期待しています!」とコメントした。

リーダーのMichealさん「ノリノリな彼らを期待しています」

「Out Hedge」の特徴は、普段は交流のないOB・OGや他大学の同期と偶然チームを組める点。普段の大会やイベントでは見られないような、バラバラのプレイヤーたちが一つになってパフォーマンスを作り上げることにより、新な一面が引き出されている様子が見られた。

 大会主催者のYUTTYさんは「自分が立命館の大学生の時に出会ったダブルダッチシーン。以前はダブルダッチをしている人が少なく、OB・OG・学生が自然に交流をはかっていたけど、最近だんだんと希薄になっていることを感じている。『関西のシーンを盛り上げるために』と思って開催したが、こうして熱い空間を作り上げられたことに途中で何度も泣きそうになった。今後もこうして、関西のシーンをもっと熱くしていくことに尽力していきたい」と感想を述べ、「このイベントを続けることで、ダブルダッチで世代が繋がっていく文化をつくりたい」と意気込んだ。

 確かに垣根を超えている様子を感じられた「Out Hedge」。この経験を糧に、さらなるシーンの盛り上がりが予想される。

取材:小田切萌

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
7月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
« 6月   8月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング