|

DANCE

【速報】『DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL』結果

【速報】『DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL』結果

『DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL』結果

2016年4月24日に世界最大規模のストリートダンスバトルイベント「DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL」が史上初の12,298名(述べ)の動員を記録し、どのステージも大盛況にて幕を閉じた。
11年目となる同大会は、日本をはじめアジア、ヨーロッパ、アメリカなどからの参加もみられ、1対1の形式を基本とした世界最大規模のストリートダンスバトルトーナメントとなった。
カテゴリーは6つ。ダンススタイルごとに分かれたHIPHOP、BREAK、HOUSE、ALL STYLESの計4スタイル(制限:高校生以上 )そして、中学生以下のオールスタイルズバトルKIDS部門、大学・専門学校対抗の3対3の形式のRIZE。

『DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL』結果

Shigekix (K.A.K.B / Bboyworld Asia)

KIDS優勝:Shigekix (K.A.K.B / Bboyworld Asia)

早稲田大学 TAKADANO BAMBAABAA

RIZE優勝:早稲田大学 TAKADANO BAMBAABAA

oSaam (sucreamgoodman)2年連続、4度目の優勝

HIPHOP優勝:oSaam (sucreamgoodman)2年連続、4度目の優勝

ISSEI (FOUND NATION / 九州男児)

BREAK優勝:ISSEI (FOUND NATION / 九州男児)

SHUHO (TOKYO FOOTWORKZ)

HOUSE優勝:SHUHO (TOKYO FOOTWORKZ)

NELSON (LKS)

ALL STYLES優勝:NELSON (LKS)

大会主催者

株式会社アノマリー 代表取締役:カリスマカンタロー
本日も満員御礼ありがとうございました。
国技館で開催し続けた結果が今回の盛り上がりに繋がったと感じています。
今や若い世代は当然のようにダンスを楽しむ環境になってきていますし、 またそれらを応援する体制も出来上がってきています。 当社は今後もダンスでつながりを創り続けマーケットの拡大に力を注いでいきます。

■関連リンク

Official

■関連記事

『DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL』インスタグラムリアルタイム配信

日本最大規模のストリートダンスバトルトーナメント「DANCE@LIVE」開催!

ダンス世界大会で優勝を飾った“九州男児新鮮組”の圧巻パフォーマンスに世界が驚愕

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP