バイキンVol.2、Ko-sukeが順当に優勝!若手も健闘見せる

2018.06.27
FINEPLAY編集部

Air TechnicianのYoとKazaneが主催する「Vibes Kings」のVol.2が、6月24日(日)に東京・スターライズタワーで開催された。

今大会には「Red Bull Street Style 2016 World Final」で世界2位の実績を持つKo-sukeをはじめ、JFFC 2017ベスト4のふじなど、強豪フリースタイラーが数多く参戦した。

予選ラウンドは31人のプレーヤーが8グループに分かれ、サークル形式で60秒×2ターンのバトルを行なった。

決勝トーナメントは60秒×3ターンで行われ、ラウンド16ではKURO(North Actors) vs akito(Ball Beat Crew)、Wah Wah Wah 1on1部門決勝以来の対戦となるKo-suke vs Yu-ri(Air Technician)など、1回戦から好カードが実現した。

また、準々決勝ではふじがAkimitsuに、準決勝ではKUROがSyo-ta(ArtiSTARE)に敗れる波乱もあった。

バイキンVol.2

決勝ではKo-sukeとSyo-taが対戦し、最後はKo-sukeが世界レベルの実力を見せつけ、順当に優勝を果たした。

優勝したKo-sukeは「Vibes Kingsは他の大会よりも自由度が高いので、より自分の色を出した選手が評価される大会でした。僕の動画を後で見返す人には、そういうところを意識して見てもらって、取り込んでいってほしいです」と、大会を振り返っている。

記事提供:JF3(日本フリースタイルフットボール連盟)

JF3(日本フリースタイルフットボール連盟)

日本フリースタイルフットボール界を統括し、シーンの普及・発展に寄与する団体。WFFA(世界フリースタイルフットボール協会)やAF3(アジアフリースタイルフットボール連盟)と連携しながら、今後もシーンの普及・発展に寄与していく。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング